あがり症 克服

あがり症を克服するためにまず知っておくべき1つのこと

  •  
  •  
  •  
 

あがり症克服への道

人前で話すときに上がってしまう・・
それがあがり症だと思っている方はとっても多いです。

 

でもですね、実はそれは厳密には「間違っているのです」

 

「え?」と思ったかもしれません。
あがり症というのは、自分が自分をあがりやすいと認識するまでは
実はあがり症ではないんです。

 

どういうこと?と思ったかもしれませんが、
簡単に言うと、まず根本にあるのは「自分の思い込み」
から来ているのです。

 

つまり、自分は人前でしゃべると上がりやすい・・
と自分で認識してしまった時からそうなるのだということです。

 

なんかスピリチュアルみたいなお話になってしまいましたね(^_^;)
でも、これが真実です。

 

実際、人前で話すときに極自然に、普通に話せる人でも
十分に緊張しているというケースはすごく多いんです。

 

私は職業柄、大勢の前でスピーチをする機会がとても多いので、
初めは先輩スピーカーからいろいろな事を聞きました。

 

その時に聞いたのが「実は皆緊張しているんだよ」ということ。

 

でも、それに付け足して「それを見せないようにしているだけなんだ」
というお話を合わせて聞きました。

 

どういうことだろう。

 

私「緊張して、実は上がっているんだけど、
それでも頭のなかが真っ白にならず、普通に話せているってことですか?」

 

先輩「いや、ちょっと違うかもしれないな」

 

「頭の中が真っ白になるというのは、上がりから来ているのではなくて、
自分の思い込みから来ているんだよ。ああ、どうしよう、頭の中が
真っ白になってしまう・・って。つまり悪い方の自己暗示みたいなものかな」

 

私「なるほど・・ということは、
あがり症っていうのはつまり自分はあがり症って思い込んでいるので
それを証明するために、自分がいつもイメージしている通りに振舞ってしまうということですか?」

 

先輩「そう。思い込んでしまっているからこそ、なんだよ」

 

この原因は、子供の頃の出来事や、失敗してしまったことなど、
何らかの出来事がきっかけでそう思い込んでしまうこともあるし、

 

もともと繊細な人が、自分のポテンシャルを低く見積もってしまい、
自分の話なんか・・自分の事なんて誰も興味ないだろう・・

 

というような間違った思い込みをしてしまう性格から、そうなってしまったりと
人によってケースは様々なんだけど

 

共通点は過去の出来事から、自分をあがり症と思い込んでしまっているということなんだ」

 

 

この一連の流れで、私は今までのもやもやがスッキリしたような気がしました。

 

ちょっとだけ、頭の中の意識というものの勉強はしていて、

 

・人は、自分がどのような人間なのか?という漠然としたイメージがあって
 (これをセルフイメージといいます)その通りに、振る舞う

 

という習性があるということをなんとなくは知っていたんです。

 

 

つまり、自分は人見知りで、初対面の人とはまったく喋れない人間で、
話が続かなくなってしまうし、それが自分でもわかると顔が赤くなってしまう。

 

例えばそのようなことを頭の中で「自分で見た自分のイメージとして捉えて」いて、
いつもその通りになるから、「やっぱり自分はこういう人間なんだ」
と思い込んでしまい、よりその行動を強めるようになるということです。

 

自分はこういう人間ということを、より証明するために、
その通りに行動してしまうということですね。

 

当然それが続けば、その状況は変わらないし、
「ずっとこのままなのかもしれない・・」ということを考えてしまうようになります。

 

 

「これはただの思い込みなんだよ。
自分も昔は人前であがっていたけど、それが自分の勝手な思い込みと知って、
それを変えるために自分が人前で上がっていない姿を想像し続けたら、
本当に上がらなくなったよ」

 

これをお伝えするだけで、ころっと変わってしまう人もいます。

 

でも、やっぱり緊張してしまいます・・という人もいます。

 

なぜか?というと、人前であがるのには様々なパターンや状況も違ければ、
その時の思考も様々だからなのですね。

 

「思い込んでいるだけ」ということを知るだけで変わる人とそうでない人がいます。
そして、変わらない場合はどうすればいいのか?ということを様々な状況を想定しながら、
お伝えしていくことにしますね。

 

また、あがり症の改善について面白いアプローチから
改善方法をお伝えされているサイトがありますので、紹介しておきます。

 

あがり症を克服し、治すための対策サイト

 

どうやって治していくかということを具体的に書かれている
数少ないサイトなので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

私もいろいろ情報をもらったりしています。

あがり症と思い込んでしまう様々なケース

・初対面の人に緊張する

 

・1対1の状況で緊張する

 

・1対多人数で緊張する

 

・何かを発表するときなどに緊張する

 

 

様々なケースがありますよね。

 

子供の頃であれば、クラスのみんなの前に立って何かを発表する時や
ピアノの演奏会、友だちや親が見ている前での運動会などなど。

 

社会人になればさらに多くの緊張につながる場が出てきます。

 

特に多いのは、面接やプレゼンテーションや異性との会話など、
上げればキリがありません。

 

日々、自分の頭の中が真っ白になってしまう状況と隣合わせで、
胃が痛い日々を過ごしている方も実際に多いです。

 

こういったものはぜひ直したいと思うものですよね。

 

ちゃんとした流れを踏んでいけば、ほとんどのケースは改善できます。
ぜひ、下記からのお話を参考にしていただければと思います。

 

心の動きを知ると対策も見えてきます。

 

 

一対一

 

一対一の会話だと、相手の雰囲気や仕草、
口調などがダイレクトで伝わってくるため、
少しでも嫌な印象を受けると、とたんに

 

「なにかまずいこと言っちゃったかな・・?」
「なんかまったく会話が盛り上がっていない気がするな・・
相手はどう思っているんだろう・・?」

 

と考えてしまい、
それ自体が口をどもらせることになってしまいますし、
自信のなさや人によっては不快感を与えてしまいます。

 

 

大勢の前で話す

 

一体一が苦手な人もいれば、大勢の前で話すことが
苦手な方もいますよね。

 

特にこちらのほうが苦手だという方も多いと思います。

 

こちらは、一対一と違って、話を聞いている人達の
雰囲気や表情が若干読みづらいということもありますから、

 

余計、自分の話していることが伝わっているだろうか?
途中から飽きられていないだろうか?

ということを考えてしまったりします。

 

また、多くの人の前で話すことで人の顔を見るのが怖い
ということもあり、下を向いたり目をキョロキョロしてしまい、
余計、自信の無さが伝わってしまうこともあります。

 

あなた自身にも優しくしてあげて下さい

いずれにしても、話を聞いている人がホントのところ
どう思っているのか?というのは誰にもわかりません。

 

だからこそ、

 

どうせ何考えてるんだかわからないんだから、
だったら少しでも自分の伝えたいことを伝えよう。

 

という感覚で臨んだほうがよっぽど自分にとって
有益なんですよね。

 

これを馴れ馴れしい人、自信過剰な人が取り入れると
かなりマズい結果になりますが汗
あがり症の人は基本的に人のことを考えられる方が多いので、
そこまでぶっ飛んでしまうことは無いでしょう。

 

相手にとって、これって時間の無駄と思ってしまうかな?
などなど考えているということは相手のことを考えているということ。

 

その方向性がちょっとだけ、ズレているだけです。
だからこそ、自分に自信を持ち、お互いにとって有益な関係になるよう
自分の方にも焦点を当ててあげましょう。

 

自分自身にも優しくしてあげて下さい(^^)

あがり症克服事例

あがり症克服講座

症状とその改善

相性のいい組み合わせ

あがり症を克服するために大事なことはまず最初にたった1つの認識を変えることから、です。